イメージ画像

保険もタレントも選ぶ事が必要

タレントはオーディションという事で多くの希望者の中から厳選した審査で選んでいきます。保険もむやみに選ぶのではなく自分に合った保険を選ぶ事が必要となります。


タレントオーディションでは、その時のオーディションの趣旨により選ぶ基準が変わってきます。役柄でも一人の女の子でもお嬢様から反抗期を迎えた女の子の役とか、素直で純朴な子の役とか・・・。いろいろとあるでしょう。


テアトルアカデミーのオーディションは無料で行われています。だから何度でも試す事ができるのでしょう。自分の出来る役が来るまでオーディションは受けないではなく、何でも何度でも挑戦する事で審査員の気持ちにも変化は訪れるのではないでしょうか。


保険も保険相談というものがあります。保険相談ショップの中には何度でも無料で保険相談ができるショップもあるので、便利になってきますし納得いくまで選ぶ作業ができます。


そういう選ぶという事では保険もタレントも同じような感じに思えてしまうのは私だけでしょうか。選ぶ作業は本当に骨が折れます。しかし、その道のプロに任せればいいわけで、タレントの育成や選ぶ事をプロとしてやってるテアトルアカデミーならばきっとあなたの子供は将来スターになる事間違いなしでしょう。


あとはどれだけ努力を続けるかだと思います。一流のタレントを目指して稽古や挨拶をしっかりする事など日頃から努力を続けている人はきっと大物になると思いますよ。


最近、挨拶が出来ない子供が増えてるって聞きます。だから、挨拶がしっかり出来るだけでもかなりのアピールポイントになると思います。


芸能界ほど上下関係を重視する世界はないと思います。だからこそ挨拶がしっかりと出来る子を選ぶのだろうと思います。この先、芸能界で生きていこうと思うなら、まずは挨拶をしっかりと毎日する事を習慣にすることから始めてみてはどうでしょうか。


このページの先頭へ